古代美術 インタリオ 神の椅子 古代ローマ&古代ギリシャ

着座姿勢の神と女神について〜古代ローマ&古代ギリシャ〜

33

王座に腰かける古代ギリシャの女神

古代世界において、着座姿勢の人物は王族の特性を持つ事を示していました。紀元前3世紀までに、シュメール人とエジプト人は王座に腰をかけた人物を神として表現してきました。そして、国王や専制君主もまた神と同様に王座に腰をかける形で表現されてきたのです(この人物たちは神の流れをくむか、神の生まれ変わりと考えられていました)。

53_ed3

ローマ執政官の高位高官用の椅子

何世紀もの間、椅子によってその人物の位を示すスタイルは続き、例えばローマの執政官も高位高官用の椅子に座っていました。

5

こちらはローマ皇帝の例。ローマ皇帝はもう高位高官用の椅子に座っていませんが、神のように王座に腰かけています。

6

オリンポスの神々 (アクロポリス美術館)

ギリシャ人において、全ての神は同等ではなく、それぞれの神には階級がありました。

中心的な神々はクロノス一族出身の神々です。ゼウス、ポセイドン、ヘラ、デメテル、ハデスがこれに該当し、王座が与えられます。しかし、ギリシャの芸術作品でアポロン、アルテミス、サテュロス、ニンフ、バッカスが王座にいることはありません。その理由は、この神々が位の低い神々(ニンフとサテュロス)もしくは死を免れない母親から生まれた事が理由です。

231

ヘレニズムの銀貨に描かれた王座に腰かけるポセイドンとアテナ

9

王座に座るアテナ・ニケーフォロス

ただし、神の伝令役であり商業と医学に関係した神であるヘルメスは、ゼウスとタイタン族アトラス の娘マイアとの息子であり、王座に座る権利を与えられています。ゼウスとメーティス(ゼウスの最初の妻)との間に生まれた娘であるアテナも同様の扱いです。

6754

王座に座るフォルテュナとプディーキティア

ローマ人はこの考え方を少し変化させて取り入れました。最も偉大な神々のみに王座を与えたのです。すなわち、ジュピター、ネプチューン、ユノ (そしてユノに関係する女神プディーキティア)、ミネルヴァ、セレス(そしてセレスに関係する女神フォルテュナ)です。

324

王座に座る パテラを持ったフォルテュナ

3241

左から 王座に座る パテラを持ったジュピター 笏は失われています。

中央 右 王座に座る パテラを持ったジュピター (右側の作品は最高のクオリティです)

ジュピターは王座に座る神々の中でも最も偉大な神です、王座に座るジュピターが笏とパテラ、足下に鷲を従えるのは古代ローマ1世紀〜2世紀にかけて最もポピュラーな基本のスタイルです。古代ローマのインタリオが好きな方は是非覚えておいてくださいね。

324541

王座に座り、勝利の女神ニケ 又は 稲妻を持つジュピター

Standing Bonus Eventus with patera

 収穫の神 ボヌス・エヴェントス パテラと麦を持っています。

位がそれほど高い神ではない場合は立ち姿で表現されます。

CdM,_patera_di_rennes,_oror_decorato_da_monete_imperiali_da_adriano_a_geta,_al_centro_medaglione_con_bacco_e_ercole,_metà_III_sec._dc.

パテラ 古代ローマ 3世紀
Paris, National Library, Cabinet des Médailles. 所蔵

パテラとは、神にワインを捧げるお皿のことです。

 

13

腰かけるロマ ローマ時代のブロンズ製コイン

ロマなど、王族の中には腰かけているもののその場所が王座ではなく岩である場合がある。これはおそらく、その人物が高い階級にいない(位の高い神との違い)ことを示すためのものだと考えられます。

67545

腰掛けたマーキュリー 翼の生えた兜をかぶり、財布を持っています ブロンズ像

同様にジュピターの息子であるマーキュリーも( ヘルメスがゼウスの息子であったように)同様です。マーキュリーは神の伝達役で商業の神であり、彼は立っているか王座ではなく岩の上に座って表現されます、このことは彼の階級が父親よりやや低いことを明確に示していると考えられます。

 

513D3261 copie

古代ローマ アメジスト インタリオ マーキュリー

 

コーネリアンやジャスパー、カルセドニーなどの固い石よりも、古代ローマ人にとってアメジストは遥かに希少で高価な石でした。

古代ローマのインタリオの約1パーセントのみがアメジストで出来ています、だいたいはインド産の石です。

さらに、水晶やシトリンのように結晶化されたアメジストは、アゲートのような石よりも彫刻が難しく、アメジストは腕の良い彫刻家のみに渡された石です。この時代の腕の良い彫刻家は、約一ヶ月をかけてこのようなインタリオ一つを仕上げていました。ですから、アメジストにはベストクオリティの彫刻のみが施されています、

今回の作品は、そういった意味で非常に良い例です。石の質、石の形 (Type C4),、石の磨き、題材、彫刻のスタイル、全てが1世紀初期のユリウス・クラウディウス朝を思わせます。

アメジストの流行は特に紀元前1世紀〜1世紀初期の間に高まったので、1世紀を過ぎてからはアメジストのインタリオを見つけるのが非常に難しくなります。

ですが、気をつけて下さいね。

沢山のアメジストインタリオが、ヘレニスティックや古代ローマのスタイルで彫られています。だいたい17世紀か18世紀の作品にそれらを見つける事ができます。専門家には本物の古代ローマのインタリオか17世紀か18世紀かの作品の見分けは簡単にできます。

ポイントとしては、、

だいたいの17世紀、18世紀のインタリオは古代ローマのものよりも大きいのが特徴です。(古代ローマではインタリオを主にリングへセットしていたこと忘れないでくださいね。)

また、古代ローマのアメジスト自体が17世紀、18世紀のアメジストとは質が違います(何故なら古代の鉱山は17世紀、18世紀には既に存在しないからです)

石のカッティングと石の磨き方、彫刻のスタイルも違います。特に18世紀のものは道具の跡が違います。

インタリオに彫り込まれている人物の衣服と髪型も違います(例えば、アウグスティス時代のインタリオには、長いひげをはやした男性のインタリオは見つける事は出来ないでしょう。)

アメジストのインタリオを見た場合は特に、このレッスンのことを思い出してみて下さい。

 

 

 

仙波亜希子 Akiko semba

お問い合わせ info@antique-gallery-soleil.com
携帯電話    080-3364-3978
仏電話番号   0033(0)9 53 53 51 47
skype アドレス  antiquegallerysoleil
メールマガジン Soleil Members お申し込みはこちら